最新情報
ホーム > 情報センター
Insumate®配列決定ニガウリペプチド、代謝医学の更なる飛躍
2020-09-15

2020-09-08 21:26経済 曹松清

「Insumate®配列決定ニガウリペプチド」、代謝医学の更なる飛躍。 グリーンインバイオテック(Greenyn Biotech)/写真のご提供

かたよった食事、運動不足などに起因する生活習慣病は世界が直面している脅威となっています。
国際糖尿病連合(IDF)の報告によると、2019年末時点で世界の糖尿病人口は4.6億で、世界での糖尿病に関する医療費は 7,600  USDに上がり、毎年糖尿病又は合併症による死亡数は420万人だそうです。
台湾において、糖尿病は10年連続で死因順位の上位10位以内ににランクインし、患者数は230万を突破しました。台湾TFDAの統計によれば、2018年健康保険支出費用からみると、糖尿病は2位で高い割合を占めているため、約台湾ドル300億元に相当する金額で、医療費の負担が大きいとみられます。
グリーンインバイオテックGreenyn Biotechは中山医学大学付属病院等の権威研究機関提携し2件のIRB審査プロセスを経った薬物と併用する糖尿病治療の治験を実施し素晴らしい臨床結果をもらいました。同社も糖尿病患者の血糖値改善のサポートのために、健康食品・サプリメントの研究開発に取り組んでまいります。
中山医学大学付属病院楊宜瑱医師(真ん中)がランダム化二重盲検臨床研究の結果を公開し、今現在も国際学術誌に投稿中とのことです。
グリーンインバイオテックの徐榜奎博士は、Insumtate®配列決定ニガウリペプチドは、グリーンインバイオテックが学術研究機関と提携して10年以上の時間にわたり研究しました。大切な活性成分は特定の製造方法(特許登録済み)と厳密な生産と品質管理により、臨床試験で最良の結果が得られたと説明しました。
グリーンインバイオテックは、「Insumtate®配列決定ニガウリペプチドは4つのSCI収録レベルのジャーナルに掲載し19つの多国の特許取得、世界三大発明コンクール受賞など数多くの実績をもって研究開発を続く、人々に健康で幸せな生活を送ってため、努力を続く」と語りました


中山医学大学付属病院楊宜瑱医師(真ん中)によるランダム化二重盲検臨床研究に関する情報公開。グリーンインバイオテック/写真のご提供

 

 

 

© 2015 Greenyn Biotechnology Co.,Ltd. All Rights Reserved │ WEB DESIGN BY MOONLIGHT